Like High Flying Birds

英語に触れて、興味を持って、

I'll Get You / The Beatles 歌詞・和訳

 

Oh yeah, oh yeah
Oh yeah, oh yeah

 

Imagine I'm in love with you
It's easy 'cause I know
I've imagined I'm in love with you
Many many times before

 

俺が君と恋に落ちてるとこを想像してごらん
簡単だよ、だって俺にはわかってるからさ
ずっと君と恋に落ちてる場面を想像できてるんだ
一回だけじゃないしね

 

It's not like me to pretend
But I'll get you, I'll get you in the end
Yes I will, I'll get you in the end

 

いつもと違う行動をとるなんて俺らしくないんだけど
でも君を捕まえるよ、最後は自分のものにする
そうさ、君は俺のものになるんだ

 

Oh yeah, oh yeah

 

I think about you night and day
I need you and it's true
When I think about you I can say
I'm never never never never blue

 

君のことを一日中考えてる
君が隣に必要さ、本当に
君のことを考えてると、確かなことがある
絶対にネガティブな感情にならないんだ

 

So I'm telling you, my friend
That I'll get you, I'll get you in the end
Yes I will, I'll get you in the end

 

だから今の関係性は置いておいて聞いてくれよ
君を自分のものにするよ、俺の物さ
そうさ、君は俺のものになるんだ

 

Well, there's gonna be a time
When I'm gonna change your mind
(When I'm gonna make you mine)
So you might as well resign yourself to me, oh yeah

 

その時はきっと訪れるよ
俺が君の気持ちを変えることができるときがね
(そして君が俺のものになるときが)
だからおとなしく降参したらどうだい

 

Imagine I'm in love with you
It's easy 'cause I know
I've imagined I'm in love with you
Many many times before

 

俺が君と恋に落ちてるとこを想像してごらん
簡単だよ、だって俺にはわかってるからさ
ずっと君と恋に落ちてる場面を想像できてるんだ
一回だけじゃないしね

 

It's not like me to pretend
But I'll get you, I'll get you in the end
Yes I will, I'll get you in the end

 

いつもと違う行動をとるなんて俺らしくないんだけど
でも君を捕まえるよ、最後は自分のものにする
そうさ、君は俺のものになるんだ

 

Oh yeah, oh yeah
Oh yeah, oh yeah

 

Oh yeah

 

 

-----------------------------------------------------------------

 

今回のポイント!

 

So you might as well resign yourself to me, oh yeah
だからおとなしく降参したらどうだい

 

から"resign oneself to ~"を取り上げます!

 

"resign oneself to ~"は「自分自身が~(あまり納得がいかない、不利益なこと)の状況に身を置くことを受け入れる」の意味でつかわれるフレーズです。
oneselfの部分は主語に合わせて変えてあげてください!(主語がHeだったら"himself")

⇒この表現は主に「どうせその事実は変えられない、最終的には受け入れるしかない」のニュアンスが含まれています。

 

 

例文 e.g.

She resigned herself to working graveyard shift.
「彼女は夜勤を受け入れるほかなかった

 

 

 

-------------------------------------------------------------

 

~余談~

 

"She Loves You"のB面の曲で、シングル曲を集めた"Past Masters Vol.1"に収録されています。(僕はこのアルバムで初めて聴きました、、"Thank You Girl"とともにこんな曲あったの??といった感じで)

 

本当に余談ですがBeatlesも自分の中では一人称が「僕」じゃないんですよね~、なので「俺」と「君」で今のところ頑張って統一してます。難しいところですね。。

Oasisなんか迷わず「俺とお前」なんですけどね笑